連結納税.com » 連結納税制度導入検討のコンサルティングサービス

連結納税制度導入検討のコンサルティングサービス

連結納税制度導入の検討段階におけるコンサルティングサービスについてご案内いたします。

1. 連結納税額算出シュミレーション

連結納税導入に当たっては、連結納税導入に当たっての費用対効果測定が重要になります。弊事務所では連結納税額算出シュミレーションを行い、連結納税導入により税負担減少額がどの程度か算定させていただきます。

例えば以下のような検討を行っています(一例)

【仮に20×1年3月期に連結納税を行っていたと仮定した場合】

●グループ法人単体課税制度の場合

(単位:千円)

項目 P社 S1社 S2社 合計
所得金額 ▲500,000 100,000 ▲80,000 -
欠損金の繰越発生額 ▲500,000 - ▲80,000 -
法人税額 - 30,000 - 30,000

●連結納税の場合

(単位:千円)

項目 P社 S1社 S2社 合計
所得金額 ▲500,000 100,000 ▲80,000 ▲480,000
法人税額
(欠損の場合30%と仮定)
▲150,000 30,000 ▲24,000 -(※)

※マイナスの場合には-

●税負担減少額

(単位:千円)

項目 グループ法人
単体課税
連結納税 税負担減少額
損益通算 30,000 - 30,000

2. 連結納税制度導入前現状把握支援

 連結納税の導入に当たっては、経理担当者・税務担当者への実務負担は避けられません。まずは、お客様の経理・税務部門の組織体制・担当者の知識レベル、連結納税導入企業等について、客観的に現状の分析を行うお手伝いをさせていただいております。
また、「1 連結納税額算出シュミレーション」にて、連結納税導入による税負担減少額の算定のご支援をさせていただいておりますが、一方で、連結納税導入による費用負担増加額ももちろんございます。そのようなコストアップについても、現状把握により拾い上げます。

【費用負担増加項目の例】

[1] 決算・申告に際して、実務担当者及び税理士等の作業に関連する費用
  (人件費・支払報酬他)
[2] 連結納税ソフトを導入する際のソフト導入関連する費用(減価償却費他)
[3] 初期導入に際して、実務担当者及び弊社コンサルタントの作業に関連する費用
  (支払報酬他)

このように、ベネフィットのみならずコストについても把握し、同時に単年度ではなく複数年度におけるシュミレーションを行っていく必要があります。

3 連結納税システム導入に関する支援

連結納税適用に当たり連結納税システムを導入するか否かは大きなポイントになります。コストとベネフィットの観点から、また、税金計算及び申告書作成の作業の観点から、お客様にとって最適な方法・パターンをご提案させていただきます。

連結納税の税金計算及び申告書作成には、例えば以下のようなパターンが想定されます。

【税金計算のパターン】(2パターン)

  計算 メリット デメリット
1 連結納税用申告書作成ソフト ・数値の転記ミスの可能性が軽減できる
・国税及び地方税の申告書まで続けて仕上げていくことが可能
・申告書作成ソフト導入によるコスト増
・導入期は決算早期化にあたり慣れない申告書作成ソフト操作による作業負担増
2 EXCEL ・決算にあたり必要な数値を優先的に集計していくことから、決算早期化に支障が出ない ・申告作業の際、EXCELで集計した数値情報から、申告書への転記等の作業負担増

【申告書作成のパターン】(5パターン)

  国税申告 地方税申告 メリット デメリット
1 連結納税用申告書作成ソフト 連結納税用申告書作成ソフト ・計算から申告書作成までが一貫して行われるためトータルでの作業負担は減少 ・申告書作成ソフト導入によるコスト増
2 e-Tax(国税電子申告ソフト) 地方税用申告書作成ソフト ・手書き作業がないことから転記ミスの可能性軽減、作業負担の軽減 ・会社としてどのようにe-Taxによる申告を行っていくかの検討が必要(連結納税申告のみe-Taxで行うなど)
※e-Taxで作成したものを紙で提出することが可能であるかの確認を行う必要あり
3 EXCEL(一部手書き) 地方税用申告書作成ソフト ・地方税は申告ソフトを利用できることから、その点は転記ミスの可能性軽減、作業負担の軽減 ・EXCELファイルを税制改正に応じてメンテナンスをしていく必要あり
4 手書き 地方税用申告書作成ソフト ・地方税は申告ソフトを利用できることから、その点は転記ミスの可能性軽減、作業負担の軽減 ・手書き作業による転記ミスの可能性あり、作業負担も増加
5 手書き 手書き - ・手書き作業による転記ミスの可能性あり、作業負担も増加
・地方税申告書提出先が多い場合は実務上困難

これらの組み合わせから最もお客様に適したパターンをご提案させていただきます。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールでこちらから 「連結納税.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
連結納税のご相談・導入支援を承ります。
汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス


汐留パートナーズ税理士法人
〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号
汐留スペリアビル5階
【TEL】03-6228-5505
お問い合わせはこちら